日本小児科学会埼玉地方会 2020・2021年度役員選挙


日本小児科学会埼玉地方会選挙管理委員会
選挙管理委員長 荒川  浩
           選挙管理委員  植田  穣
       選挙管理委員  中尾 朋平
         選挙管理委員  菅原 大輔
       選挙管理委員  内藤 朋巳

役 員 選 挙 告 示

本会会則第10条並びに役員選挙施行細則により、役員選挙を下記の通り致します。

1.立候補資格   本地方会会員で2019年12月31日現在会員である者。
2.理事地区別定数 東(10名)、西(16名)、南1(22名)、南2(12名)、北(10名) 計70名
3.監事      2名
4.届出用紙    立候補届に必要事項を記入し自筆署名(捺印)の上送付すること。
5.届出宛先    〒151-0053 東京都渋谷区代々木5-49-1
          有限会社トリプルアイ内
          日本小児科学会埼玉地方会選挙管理委員会 委員長宛て
6.立候補締切   2020年1月20日(月)消印有効
7.投票締切    2020年2月17日(月)消印有効
8.開票      2020年2月25日(月)

立候補届(PDF)

松平隆光先生のご講演データ「成育基本法の成り立ちとこれから」


9月15日地方会で松平隆光先生に「成育基本法の成り立ちとこれから」という演題名で特別講演を頂きました。今年の12月に発効となり、お母さんのお腹の中から親になるまでの子どもの成育を支援する国および各自治体の責任が明確になります。
とても感銘深い講演で、成育基本法の何たるかが明瞭に語られこれからの子育て支援の道筋を示していただきました。
参加できなかった会員の皆さんにも感銘を共有いただければと思います。

埼玉地方会
会長 佐藤清二

【ログイン後、本ページにて講演データの閲覧が可能となります】

■学校における医療的ケアの今後の対応について(通知)


 学校に在籍する喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアが日常的に必要な児童生徒が増加し、人工呼吸器の管理等の特定行為以外の医療的ケアを必要とする児童生徒も学校に通うようになり、学校における医療的ケア児の状況が大きく変化しています。
 このため、「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」が設置され、学校における医療的ケアの基本的な考え方の再検討、医療的ケアを実施する際に留意すべき点等について検討が行われました。文部科学省はこの結果を受けて、小・中学校等を含む全ての学校における医療的ケアの基本的な考え方や医療的ケアを実施する際に留意すべき点等について整理しました。
(文部科学省初等中等教育局長)

詳細については以下をご覧ください。
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M605503&c=685&d=a914

年会費納入のお願い


 拝啓
 桜花の候、会員の先生方におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
地方会の運営につきまして、日頃ご協力いただきありがとうございます。

 2019年度の年会費を下記の通りお振り込みお願いいたします。

 今後とも日本小児科学会埼玉地方会の発展と円滑な運営にご協力をお願いいたします。

敬具

年間最優秀演題賞の投票開始のお知らせ


 今年度の年間最優秀演題賞の投票を開始いたします。
 ニュースレターに掲載された推薦演題の中からの選考となります。下記のリンク先ページから推薦演題を確認いただき、投票いただくようお願いいたします。
 投票はホームページ受付のみで行いますので、オンライン会員登録をされていない方は、お早めに登録申請をお願い致します。年間最優秀賞は5月の総会にて表彰になります。ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

投票受付は終了しました。

最初 | 前へ | 1 23456| 次へ | 最後