小児科専門医制度の変更について


小児科専門医制度の変更がわかりにくいので、注意点をお知らせいたします。

1小児科専門医を現在持っている方の更新手続きに関する注意
◆ 専門医更新手続きが変更になっています。制度移行期のために、更新に必要な点数が旧制度と新制度と混在しており、更新の年度別に異なります。
◆ 2017年10月以降、旧制度の点数を取得できる研修会はなくなりますので、ご注意ください。
◆ ご自分の更新年度を一度ウエブサイトでご確認ください。
日本小児科学会 →「専門医」→「更新申請をされる方へ」
http://www.jpeds.or.jp/modules/specialist/index.php?content_id=22
「新専門医制度における専門医更新手続きの留意点と更新申請について」をクリックしてください(ログインが必要です)。
◆ 更新年度が2018年と2019年の方は旧制度の単位が必要です。
2018年度の方は40単位以上(基本単位20単位以上)で2019年度の方は20単位以上(基本単位10単位以上)です。旧制度の単位は、2017年9月をもって取得できなります。
◆ 取得できる研修集会は「研修集会単位数一覧」に記載されています。
http://www.jpeds.or.jp/modules/specialist/index.php?content_id=20

2専門医研修プログラムの申請について
◆ 2018年度専門研修プログラム審査の受付が6月1日から開始されました。
◆ 専攻医の申請は全科統一で10月1日からになる予定です。
◆ 詳細は「専門医 新制度情報」をご覧ください。
https://www.jpeds.or.jp/modules/news/index.php?content_id=280

2017年6月2日                
文責 日本小児科学会埼玉地区資格審査委員会委員
松原知代(獨協医科大学越谷病院 小児科)

年間最優秀賞への投票のお願い


 2016年12月の役員会において年間最優秀賞の設置が決議されました。ニュースレターに掲載された推薦演題の中から選考をすることになります。4月にホームページ上で前年度の推薦演題を掲載し、会員投票により決定いたします。会員の皆さまには、4月30日までに投票をお願い申し上げます。投票はホームページ上から行いますので、上記のオンライン会員登録をされていない方は、お早めに登録申請をお願い致します。年間最優秀賞は5月の総会にて表彰になります。ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

投票受付は終了しました。

地方会年会費の金額変更のお知らせおよび納入のお願い


 拝啓
 桜花の候、会員の先生方におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
地方会の運営につきまして、日頃ご協力いただきありがとうございます。

 2015年12月の役員会での財務報告の際に、事務局の民間委託と広い有料会議室への地方会会場移転を主とした必要経費の増加とそれに伴う収支の悪化を報告し、年会費の値上げを提案し承認され、2016年5月の総会において年会費の8,000円への増額が決議されました。従いまして、平成29年度から新規年会費を導入とし、2017年4月1日から年会費として8,000円を納入していただくことになりました。ご理解頂きたく存じます。

 今後とも日本小児科学会埼玉地方会の発展と円滑な運営にご協力をお願いいたします。

敬具

ランチョンセミナーのお知らせ


2月18日(土)開催の第167回日本小児科学会埼玉地方会学術集会では、ランチョンセミナーを開催いたします。

時間:12:00〜13:00
会場:埼玉県医師会1階大会議室A・B(埼玉県県民健康センター内)

座長:川野 豊 先生(埼玉県立小児医療センター 感染免疫・アレルギー科部長)
   「ロタウイルスワクチンをめぐる最近の話題」
演者:渡辺 博 先生 (帝京大学医学部附属溝口病院 小児科 教授)
提供:ジャパンワクチン株式会社

最初 | 前へ | 1 234| 次へ | 最後